サイトカイン療法サイトカイン療法
     

幹細胞培養液に副作用はあるのか

幹細胞培養液 副作用

再生医療としてはもちろん、最近では美容業界にも進出し注目されている「幹細胞培養液」をご存知でしょうか?
幹細胞培養液を活用すると抗老化効果などが期待でき、自分自身も使ってみたいと思う方は多いことでしょう。

しかし、幹細胞培養液自体についてあまり分からず、使用すると何か副作用が出てしまうのではないかと不安に感じてしまう方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、幹細胞培養液は安全に使用することはできるのか、副作用などはないのかなどを詳しく解説していきましょう。
幹細胞培養液を使った治療方法について興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

幹細胞培養液を使うと副作用は出るのか?

まずは幹細胞培養液の使用における副作用についてご紹介していきます。
幹細胞培養液を使った治療方法では、幹細胞培養液を点滴もしくは導入機器で浸透させていくため、液体自体は直接的に体内へ取り入れられます。

点滴

そのため、液体自体に問題はないのか、副作用が出てしまうのではないかと不安に感じる方もいらっしゃることでしょう。

幹細胞培養液の副作用が出る可能性はかなり低いです。
なぜなら、幹細胞を直接使っているわけではないためです。

幹細胞培養液というのは幹細胞を培養した時に使う液体を指します。

幹細胞培養上清液
ヒトの脂肪組織や臍帯組織などから幹細胞を抽出するのですが、採取した幹細胞は培養液の中に入れて増殖させます。
再生医療の場合、増殖させた幹細胞を再び体内へ戻すことになりますが、幹細胞培養液は増殖させた幹細胞ではなく培養液の方を使っているのです。

幹細胞自体は自分の幹細胞を使っているため副作用なども起こりにくいのですが、場合によってはしこりができるなどの副作用が起きるケースも存在しています。
また、幹細胞が悪性化してがんを発症するリスクもあると言われています。

しかし、培養液には幹細胞自体は含まれておらず、幹細胞が増殖する時に分泌したサイトカインや栄養素などが含まれています。
サイトカインや栄養素は、自身の体を構成している細胞に働きかけ、活性化させる役割を持っています。

幹細胞治療 リスク

言ってしまえば細胞を活性化させているだけなので、副作用はほとんど考えられないのです。
幹細胞培養液が提供される場合は幹細胞片が残っていないよう、精製作業が行われています。

この精製に関しては厚生労働省が基準を定めており、その管理体制の中で行っていくため、副作用が起きる心配はないでしょう。

アレルギーのリスクがないわけではない

副作用の心配はほとんどないと解説してきましたが、アレルギー症状が発症する可能性はあるのでしょうか?

アレルギー症状に関しても絶対とは言えませんが、副作用同様起きるリスクは低いと言われています。
ただし、注意しなくてはいけない点があります。

アレルギー
それは、化粧品に使用されている場合のアレルギーです。
クリニックでの幹細胞培養液を使った治療方法では、幹細胞培養液のみを使っているため、副作用やアレルギーの心配はほとんどありません。

最近では幹細胞培養液を配合した化粧品などが販売されるようになっています。
スキンケア用の化粧品であり、毎日活用することで肌トラブルの改善効果が期待されていますが、化粧品の中には細胞培養液以外にも様々な成分が配合されています。

細胞培養液だけに注目していると、他の成分によってアレルギー症状を引き起こしてしまう可能性も考えられるでしょう。
必ずしも幹細胞培養液を配合した化粧品が危険というわけではありませんが、使用する際は必ずパッチテストを行い、アレルギー症状が出ないかどうかを確認するようにしてください。

幹細胞培養液の安全性

再生医療に関しては近年研究・開発も進んでおり、以前よりも安全性は向上してきています。
幹細胞培養液に関しても、元々副作用やアレルギーの心配がほとんどないということで注目されていましたが、現在はさらに高い安全性の元で提供できるような形となっています。

企業

例えば、培養するための幹細胞は誰かから採取したものになりますが、この時のドナーに対して徹底的なスクリーニングが行われるようになりました。
現在疾患に罹っていないか、感染症の恐れはないかなどをチェックしてから幹細胞を抽出しています。
また、日本人ドナーの幹細胞を用いているため、より安心して使うことができます。

培養液に関しても無血清培地を利用することで、副作用やアレルギーが出ないように徹底しています。

一般的な培地には血清を添加しないと増殖しないのですが、その血清の中に病原体が紛れている可能性が無きにしもあらずということもあり、そういったリスクを回避するためにも無血清培地が使用されているのです。

さらに、幹細胞を培養する段階で他の菌などが入ってこないよう、無菌環境で行われているのですが、この培養環境に関してもGMPなどの品質管理基準に準拠して整えられることが多いです。

安全性に関して不安に感じている方も多いかと思いますが、徹底的な品質管理の元で幹細胞培養液は作られているので安心して活用できると言えます。

幹細胞培養液を用いた治療では必ず「インフォームドコンセント」が行われる

皆さんは「インフォームドコンセント」という言葉をご存知でしょうか?
近年、医療現場ではこのインフォームドコンセントが実施されてから治療に移る形になってきています。

Informed consent

インフォームドコンセントとは、医師が治療方法や効果、副作用などのリスクがあるかどうかなどを説明した上で、患者に治療を受けるかどうか選んでもらうというものです。
治療というのは絶対に安全だと言えるものはありません。

どの治療でも副作用などのリスクが付き纏います。
そういったリスクを医師から患者に伝えることなく治療してしまった場合、患者には治療するかどうかを選ぶ権利がなくなったと言っても過言ではありません。

このような事態を引き起こさないためにも、インフォームドコンセントであらかじめ治療の全てを説明しておき、患者が治療するかどうかを決めてから進めていくのが望ましいのです。

幹細胞培養液を使った治療も同様に、まずはインフォームドコンセントによってどういった治療を行うのか、安全性は確保されているのか、どのようなリスクがあるのか、効果はどういったものが期待できるのか、などを説明してくれます。

医師からの説明をよく聞いた上で治療を進めるか判断できるため、例えばやはり不安だと感じれば「治療しない」を選択することもできるのです。

患者さんは治療するか・しないかという選択権を持っています。
もし治療するを選択した場合、カウンセリングなどで体調に問題がないと医師から診断され合意を得れば、幹細胞培養液を使った治療を実施できます。

幹細胞培養液治療後の気になるポイント

治療における疑問はカウンセリング時やクリニックで設けているメール相談フォームで質問し、解消することはできますが、その中でもよく見られる疑問点をこちらでも解説していきましょう。

治療中に痛みを感じることはあるのか?

治療中の痛みに関してですが、例えば点滴で細胞培養液を体内に取り入れる場合、点滴の針を挿す時の痛みが若干あるものの、強い痛みを感じることはありません。
痛みが苦手だという方は、直接体内に取り入れられる点滴ではなく導入投与を検討してみましょう。

幹細胞導入
導入投与は点滴と異なり、針を挿すこともないので痛みを感じることはありません。
顔や頭皮への治療で用いられることが多い方法です。

施術後に何か症状が出たり、ダウンタイムなどは必要か?

施術後に患部の腫れや赤みが生じることはほとんどありません。
大掛かりな治療というわけでもないため、ダウンタイムも不要で当日から通常通りの生活が送れます。

1回の治療にかかる時間や通院期間の目安はどれくらいか?

1回の治療にかかる時間は各クリニックでの治療内容によっても若干変わってきますが、大体約30~40分で完了します。
通院期間の目安は効果の表れ方に個人差が見られるため、一概にどれくらいの期間通った方が良いとは言えません。

しかし、しっかりと効果を得たい方は、治療頻度を月2~4回程度にしておくと良いでしょう。
通院期間や頻度に関しては、医師と相談して決定することをおすすめします。

今回は幹細胞培養液の副作用やリスク、安全性を中心にご紹介してきました。
幹細胞培養液を使った治療には副作用やリスクが表れる可能性はほとんどありません。

もちろん、絶対にないとは言い切れませんが、現在多くの実用化が果たされており、重大な副作用が起きたというケースは未だ見られていません。
もし、幹細胞培養液を使った治療を行いたいという方は、信頼できるクリニック選びから始めてみましょう。

ブログ記述者

ブログ記述者

グランプロクリニック銀座理事長 松山 淳

杏林大学医学部医学科卒業。慶應義塾大学医学部助手・医学部附属厚生女子学院(現:慶應義塾大学看護医療学部)講師、国立病院臨床研究部病理室長などを経て、米国抗老化医学研究所・クリニックにて研修。現在、日本人初の抗加齢スペシャリストとして、米国アテナクリニックインターナショナル抗老化部門部長、及び日本の複数の抗老化医療研究所、クリニックの顧問医を務める。