二日酔い・肝機能増強注射の効果とは

二日酔い・肝機能増強注射

飲み会によく参加している、二日酔いになりやすいという方は、ぜひグランプロクリニック銀座の二日酔い・肝機能増強注射をご利用ください

この注射は、肝機能を高め、飲み過ぎや二日酔い、過労等による肝機能障害の改善効果が期待できます。

飲み過ぎ・二日酔いだけでなく、過労等による肝機能障害の改善、肝臓の機能をよくする注射です。皮膚炎・じんましん・湿疹・肝斑にも効果的です。
グランプロクリニック銀座では、注射・点滴療法同意書をご記入後、個室で注射を受けていただきます。

二日酔い・肝機能増強注射はこんな方におすすめ

●よくお酒を飲む
●肝機能改善を改善したい
●二日酔い
●あらかじめお酒を飲むことがわかっている場合

肝臓はどんな働きをしている?

肝臓とは、体内の中で主に「代謝」を中心に司る臓器となっています。

食事によって吸収された栄養素は一度肝臓を通ることで細胞が利用しやすい形になり、それから血液に乗って全身を巡り、必要な箇所に送られていきます。

例えば、吸収したブドウ糖の一部はグリコーゲンへと代謝し、肝細胞の中に貯蔵されています。

そして、体内でエネルギー源となるグルコースが不足してきた場合、肝細胞からグリコーゲンを取り出してグルコースを作り、体内に送り出すことができるのです。

肝臓

また、肝臓は様々な成分を作り出す工場的な役割も果たしています。

例えば血液に含まれているアルブミンや、血液凝固因子と言われているフィブリノーゲンなども肝臓で合成されているのです。

さらに肝臓は、ビタミンA・Dの合成、胆汁の生成にも関与しています。

胆汁とは、胆のうから腸内に分泌されるもので、脂肪を乳化させて腸内で消化吸収しやすい形にする働きを持っています。

一度生成され腸内に分泌された胆汁も、そのほとんどが小腸で吸収され、再び肝臓に戻って胆汁を構成する成分に使われています。

 

そしてもう一つ、肝臓の大切な機能が「解毒」です。

食べ物が消化吸収される際に、有害な老廃物が発生することもあります。

例えば、タンパク質が代謝回路によってアミノ酸に分解される時、「アンモニア」という成分が発生するのですが、アンモニアがいつまでも体内に残っていると脳神経系に悪影響を及ぼす可能性が高いです。

発生したアンモニアは、肝臓で尿素に合成することにより、無害となります。

さらに尿素にすることで体外へ排出しやすい形にしているのです。

体内にとって有害な物質はアンモニアだけではありません。
万が一毒の入ったものを食べてしまったとしても、肝臓がグルクロンに抱合させ、無害にさせることができます。

肝臓とアルコールの関係性

お酒をよく飲む

様々な代謝を行う肝臓ですが、その中にはアルコールも含まれます。

アルコールは体にとって有害な物質となり得るので、肝臓で代謝する必要があります。
まず、飲酒するとアルコールは胃や小腸で吸収され、肝臓に向かいます。

そして、肝臓に送られるとアルコール脱水素酵素やミクロゾームエタノール酸化系によって分解されます。

アルコールが分解されるとアセトアルデヒドになるのですが、この成分は体内にとって頭痛や動悸など、悪酔いの原因になるものです。

酒に酔う

アセトアルデヒドは有害な物質でもあるので、そこからさらに肝臓内のアルデヒド脱水素酵素によって無害な酢酸へと分解され、酢酸は血液で全身を巡って水と二酸化炭素に分解されていきます。

この過程を経てようやくアルコールを無害にすることができるのです。

しかし、アルコールを大量に摂取してしまうと、ほとんどを肝臓で処理していかなくてはならないため、時間がかかり肝臓は休むことなく働き詰めの状態になってしまうため疲労し、肝機能低下を引き起こしてしまう可能性が高くなります。

肝機能低下によって起こり得る症状

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれていて、何か異変が起きたとしても症状が表れにくい部位だとされています。

本来、肝臓には代償作用というものがあり、何か障害を受けてしまったとしても自力で元に戻ることが可能です。
肝臓は、例え1/3部分に障害が起き、切除したとしても1~2ヶ月程度で元の姿に戻るといわれています。

「元に戻れるならそこまで気にしなくても良いのでは?」

と思われてしまうかもしれませんが、これは肝臓の機能が正常に働いている必要があり、さらに障害があまりに強いと回復することはできません。

そのため、肝硬変や肝不全といった病気になってしまうことがあります。

肝臓は回復機能があり多少の症状なら気づきにくいこと、そして肝臓には痛みを感じる神経がないため、自覚症状が起こりにくく、症状がかなり進行してから病気が発覚されるため、沈黙の臓器だと言われているのです。

沈黙の臓器

沈黙の臓器ということもあり、いくら肝機能が低下しているからと言っても症状らしい症状は表れません。
しかし、急性肝炎などを引き起こした際には風邪のような症状が表れることもあります。

例えば、全身の倦怠感やだるさは、いつまでも体内に有害な物質が蓄積されてしまっていることなどが要因で起こりやすく、また栄養素も分解しきれていない状態なので食欲不振(特に脂っこい料理)に陥りやすくなります。

これらの症状は、自覚症状として表れるものなのですが、の不調の原因は肝臓であるとわかる人はほとんどいないと考えられます。

もし、毎晩お酒を大量に飲んでいる、もしくは食べ過ぎや運動不足による肥満で、上記のような症状が出ているという場合は、風邪以外にも肝機能低下や急性肝炎を疑い、検査してみることをおすすめします。

肝機能低下を防ぐには?

肝臓は上記で説明したように、機能が低下していてもなかなか気づきにくい部位です。
そのため、日頃から肝機能低下を防ぐための行動を実践していきましょう。

お酒はできるだけ控える

日本人の約4割はアルコールを分解する酵素のアルデヒド脱水素酵素2が生まれつき備わっていない、もしくは活性が弱いと言われています。

つまり、日本人の多くはアルコールをうまく分解することができないと言っても過言ではありません。

また、お酒には強いという人でも、お酒が強い=肝臓が強いということにはならないので、お酒をたくさん飲めばその分肝機能低下のリスクを招くことになります。
肝機能低下を防ぐためには、やはりお酒はできるだけ控えて肝臓に余計な仕事をさせないことが重要なのです。

ビール

適切とされている飲酒量は、男性で日本酒1合未満(ビールだと中瓶1本、ウィスキーはダブル1杯、ワインはグラス2杯分)、女性はその半分になります。
また、適切な量でも毎日飲むのではなく、肝臓を休ませる「休肝日」を作ることも大切です。

食事に気を付ける

肝臓は解毒だけではなく、栄養素の代謝にも欠かせない臓器でもあるので、例えば脂質や糖質の食べ過ぎによっても働きすぎを招き、分解しきれなくなるとそのまま肝臓に蓄積して脂肪肝となってしまう恐れがあります。

脂肪肝はただ肝臓に脂肪が蓄積した状態というわけではなく、肝機能を低下させて様々な病気を引き起こしてしまうリスクを持っているため、脂肪肝も予防していかなくてはなりません。

脂質や糖質を好んで多く食べている方は、野菜や海藻など様々な食材を使ってバランスの良い食事を取り入れるようにしましょう。

運動量を増やす

運動不足だと脂肪を燃焼することができないため、脂肪肝になりやすくなってしまいます。
今現在肥満だという方は、食事の見直しだけではなく運動も実践しましょう。

ただ、これまで運動をしてこなかった方が突然運動を始めると筋を痛めてしまったり、長続きしなかったりする場合も考えられるので、まずは日常生活の中で体を動かす時間を増やしてみることからはじめましょう。

例えば、通勤時に1駅前で下車し10~15分程度長く歩いてみるだけでも運動量を増やすことができます。

歩く

禁煙する

肝臓は様々な有害物質を分解し、無害にする働きを持っています。
たばこの煙にも多くの有害物質が含まれており、体内に入ると肝臓で分解しなくてはならなくなります。

そのため、たばこも肝臓への負担を増加させてしまう要因なのです。

たばこはその他にも体にとって様々な悪影響をもたらしてしまうものなので、禁煙を行うようにしましょう。

肝機能を改善・強化させるなら「二日酔い・肝機能増強注射」を

肝臓は臓器の中でも大切な役割を果たしている一方で、症状が表れにくいため肝機能の低下から病気になり、気が付いたらかなり進行していたというケースも少なくありません。

肝機能を低下させないためにも、上記項目で紹介したように節酒や禁煙、食事・運動の見直しや改善を行っていく必要がありますが、例えば仕事の付き合いで飲まなくてはならない場合もあるでしょう。

二日酔い・肝機能増強注射

特に、忘年会や歓迎会などのシーズンには二日酔いが改善されないまま仕事をし、また飲み会に向かうという方もいらっしゃるかと思います。

そんな方こそ、即効性の高い二日酔い・肝機能増強注射がおすすめです。

注射するだけなので短時間で済むというのもおすすめしたい要素の一つです。

できるだけ節酒することも大切ですが、即効的な効果を得たいという方は、ぜひグランプロクリニック銀座で二日酔い・肝機能増強注射をお試しください。

ブログ記述者

ブログ記述者

理事長 松山 淳

杏林大学医学部医学科卒業。慶應義塾大学医学部助手・医学部附属厚生女子学院(現:慶應義塾大学看護医療学部)講師、国立病院臨床研究部病理室長などを経て、米国抗老化医学研究所・クリニックにて研修。現在、日本人初のアンチエイジングスペシャリストとして、米国アテナクリニックインターナショナル抗老化部門部長、及び日本の複数の抗老化医療研究所、クリニックの顧問医を務める。